クロスバイク(7速)にロードバイクの10速用ホイールを入れた

通勤用に15年乗っている3万円のクロスバイクの後ろのホイールのリムがブレーキで削られてヒビが入ったので、ロードバイク(Focus Cayo 2011)用に使っていたホイールに入れ替えることにした。ところが、クロスバイクのエンド幅(後輪のハブを挟んでいる部分の幅)が多くのクロスバイクでは135mmで、ロードバイクは130mmであるため、そのままでは両側に2.5mmの隙間ができる。筆者のクロスバイクはクロモリ製でフレームが柔軟であるため左右各2.5mmの差を無視してスキュワーナット(クイックリリース)で無理やり締め付けるという方法もあるらしいが、無理はしたくないので、2.5mm厚のワッシャーをハブ軸の左右両側に入れることで解決した。

新ホイールに7速の新品カセットスプロケットをつけチェーンも新品に交換しディレーラーを調整したところ、すこぶる気持ちよく走れるようになった。通勤で3ヶ月走ったが何の問題もないので、簡単にその記録を公開し、余った部品は読者に差し上げることにした。

クロスバイクにロードホイールを入れる場合の問題は「130mm 135mm クロス ロード」などでウェブを検索するとたくさんの記事が出るので、詳細はそちらを参照してほしい。筆者からはこの作業で余った「フリーハブスペーサー1個」と「M10ワッシャー2.5mm厚2個」を先着3名の読者に無償でプレゼントし工具箱を整理したい。ご希望の方は問い合わせフォームから住所氏名連絡先「○○希望」と書いて送信してください。普通郵便でさしあげます(送料不要)。(なお、自分でこの作業をするのはそれなりに面倒なのでご注意。自転車屋さんが近くにある方はプロに頼むに越したことはありません)

クロスバイクのホイール


わが15年選手のクロスバイクのホイールはエンド幅135mm用で、ハブ軸長はそれより10mm長く145mm。このためハブ軸が両側に5mmずつ出ている。7速のボスフリー型のスプロケットを装着している。
クロスバイクのホイール
これに代えるロード用ホイールは、基本105クラスコンポのFocus Cayo 2011年モデルについてきたRodi Stylusというホイールでエンド幅130mm用、ハブ軸長140mm。

ロードホイールにハブ軸、スペーサー、スプロケ、ワッシャーを入れる

まず、ボスフリーのスプロケットはロード用のカセット式フリーハブに使えないので、7速カセットスプロケットを用意。
shi-h-cshg207

10速用のフリーハブに7速のカセットスプロケットを入れるのにスペーサーを注文。1個で足りるのに5個セットになっている。7s フリーハブスペーサー 5枚セット WHEELS MANUFACTURING
spacer

スペーサーをフリーハブの根元に装着しその上に7速スプロケットを重ねる。
スペーサー

ロード用のハブ軸は5mm短いので、MTB用のハブ軸を用意する(クロスバイクの既存ハブ軸を使ってもよい)。
ハブ軸(M10×146mm)【ACERA/ALTUS】【FHM330-QR用スモールパーツ】
なお、ロードホイールのハブ軸が下の図(または最後の写真)のような単純なネジ山式のものでない場合(たとえばフルクラムのホイール)はここでの説明はあてはまらないので、ご注意。

クロスバイクやMTB用のハブ軸はロード用より5mm長い。これに交換しただけでは六角ナットからハブ軸が7.5mm出っ張ることになって、クイックリリースのナットを締めてもホイールがフレームに固定されない。ハブ軸は一番上の写真のように六角ナットから5mm程度出るようにしなければならない。そのため、左右の六角ナットの内側に2.5mm厚のワッシャーをかませる必要がある。約2.5mm厚のM10ワッシャーはたまたま自宅の工具箱にあった。近くのホームセンターで購入したもので、直径約18mm。平ワッシャーではなくスプリングワッシャーだが問題ないのでこれを入れた(最後の写真参照)。
ハブ軸の図

※ネットを見ると、5mm厚のアダプター1個が1000円以上で売られているが、これ1個を片側に入れたら車輪が中央に来ないから、ありえない選択だと思う。

ロード用ホイールのハブ軸(軸長140mm)を引き抜き、ベアリングをきれいにしてグリスを入れ直し、クロスバイク用のハブ軸(軸長145mm)に入れ替えて玉押しを調整し、2.5mmワッシャーを両側に入れて六角ナットを締めた。その結果、ロードホイールの左と右に5mmずつハブ軸が出る形になった。
2.5mm厚のM10ワッシャー

この調整はウェブを検索してあちこち参照し、何度かやりなおした。玉押しをきつくなく緩くなく締め、かつ左右の六角ナットから均等にハブ軸が出るようにしないと車輪が中央に来ないのでリムブレーキがうまく動かない。この調整に苦労した。

ここまでやってリアディレーラーを調整し、走ってみたところスプロケットあたりからゴリゴリ異音がする。どうやらチェーンが伸びて新しいスプロケットと合わないらしい。前のチェーンは5年も使っていたので、スプロケと同時にチェーンも交換しなければならなかったのだ。というわけで、チェーンも交換(シマノCN-HG40)したら、異音は解消した。

余った部品。
img_4711

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です