福島市から有料道路3峠越えで会津若松へ

福島市から会津へ

クリックして標高図と写真つき地図へ


福島の駅を降りると、西に吾妻連峰がある。残雪がうさぎの形になる「雪ウサギ」で知られる吾妻小富士の横には、わずかに白い噴煙を上げる吾妻山。2010年6月6日、気温が28度に達した暑い日に、噴煙近くを通るスカイラインを越え、レイクラインと裏磐梯を経て、ゴールドラインで磐梯山麓を周り、会津若松まで走った。走った有料道路は3つ。総獲得標高は2500m。えらく疲れた。
裏磐梯周辺ではエゾハルゼミがやかましいほどに鳴いていた。

三つの有料道路を完走

  • スカイライン 自転車通行料150円 最高点標高1622m
  • レイクライン 同90円 最高点標高997m
  • ゴールドライン 同70円 最高点標高1194m
    ※2016年現在はすべて無料化済み

輪行案内

会津若松に着いたら輪行で帰る方法は3つある。

  • JR磐越西線で輪行
  • 高速バスが福島、郡山、いわき、東京、新潟に出ているので頼み込んで輪行する。荷物スペースが満杯でないかぎり乗せてくれるはず
  • 会津鬼怒川線東武線で浅草へ輪行

食料補給

このコースは登りがきついので、ガス欠を起こしやすい。この日は福島市内で食べたあと、スカイラインの頂上付近と裏磐梯で食べた。お守りにおにぎりを持って走った。コース上では、スカイラインの頂上(浄土平)とレイクラインの途中(中津川渓谷)にレストランがあるほか裏磐梯にいくつか食べる処がある。裏磐梯なら三叉路(剣ヶ峯)交差点「水峰」のソースカツ丼がおすすめ。ただしボリューム1.5人分でやや時間がかかる。コンビニは福島市内と剣ヶ峯にある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です