阿武隈の一本桜2013の2

古殿町にある「越代の桜」が咲いたというので、ちと遠いけれど行ってきた。須賀川駅から出発していくつもの小峠を越えた。ナビ(Garmin Edge 800)の言う通りに走るととんでもない田舎道に連れていかれるがそれもまたよかった。玉川村の「黄金塚」、石川町の「村松の熊野講の桜」(葉桜だった)、鮫川村の強滝の清流など、予期してなかったものにも出会った。
越代の桜を見た後は鮫川村、棚倉町を経て那須塩原まで走り、JRで帰った。

越代の桜

越代の桜

村松の熊野講の桜

村松の熊野講の桜

阿武隈の一本桜2013の2」への2件のフィードバック

  1. shuzo 投稿作成者

    そう言っていただけると私もやる気というか走る気が出ます!

  2. いいですね

    スゴク丁寧なサイトですね。写真が綺麗とか記事が読み易いとかもあるんですが、史跡や神社や銘木など実は地元では全く日常のもので観光に訪れる人など皆無のものまでも丁寧に扱っているなという印象でした。
    私は実家が会津なので記事によってはよくわかるのですが、こうして記事にしてもらえると、上記のとおり地元では日常でしかないものを観光にできそうなレベルに感じ何か嬉しくなりました。
    このサイトを見てこんな会津を訪れてみたいと思う人が増えると嬉しいですね。
    でも、それより、今まで何も無い単なる田舎と思っていた地元人が自分の田舎に誇りを持てるサイトのような気がしますね。このサイトは会津の良さを上手く引出し地元人に気づかせてると思いました。(なんかすみませんちょっと感動してしまいまして)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です