春の観音沼と会津中街道(松川街道)

この日は二つの目的があった。ひとつは走ったことがない那須甲子有料道路(無料です)を走ること、ふたつめは観音沼から会津中街道(松川街道)の山道を走ること。

スタートは南湖公園と白河の関跡。南湖公園の桜は終わっていた。団子屋は開店前だった。

那須高原では適当に田舎道を走った。ここはすばらしい景色だった。ちょうどこのころから天気もよくなった。

那須甲子有料道路はなんてことない道路だった。那須から甲子に抜けるには便利。最高点は1100mある。そこから770mまで下って甲子トンネルの1000mに登るので、ややつらい。しかし、白河駅からまっすぐ甲子トンネルを越えるよりずっと面白味がある。

甲子トンネルに入る前に奥甲子温泉を経由しようとしたが、土砂崩れで通行止め。福島県ではこういう所の工事をする業者が不足しているので復旧にはしばらくかかるかもしれない。ただ戻るのもくやしいので渓谷沿いを軽く散策。

甲子トンネルを越え、観音沼へ。なにもない季節で、若葉には少し早かったが、それでもなお、すんばらしい景色だった。水量が多くてベンチが半ば水没していた。山間の遊歩道もいい感じだった。

観音沼から、会津中街道(松川街道)の野際~杉の沢間を走った。ここはMTBで下るにはいい道だ。ただ、倒木が10箇所くらい道をふさいでいて、その度にバイクを担いで超えなければならない。途中、途中にある標柱が案内もしてくれる。


※ちなみに上の一里塚とは、両端の小山のこと。写真をクリックして大きくすると見えます。

杉の沢から大谷地まで走るつもりだったが、途中の林道がひどい状態だったので会津中街道を辿るのはここで断念した。

お決まりの幾世橋で写真をとって、塔のへつり経由で会津若松を目指した。ところが大川ダムを越えて下りきったところで

落石のため通行止め!芦ノ牧温泉には抜けられません!

っておい!どっかで事前に言ってくれたか?

会津若松へ行くには、大川ダムの坂を登って戻り、環境の悪い大川ダムトンネルを越えなければならなくなった。この日はコーラとソフトクリームだけで走っていたので、根性が切れた。近くの大川ダム公園駅まで登って、そこから輪行して帰った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です